天牛

カミキリ(天牛)の一種。種名未確認。カミキリの生息というのが都会と田舎の一番大きな違いはかもしれない。山間部に行くといくらでもいるが、都会で見かけることは非常に稀だ。 カミキリは漢字で「髪切」または「天牛」と書くが、こうみると確かに牛に似ている。

 カミキリムシは中国では「天牛」というそうだ。長く伸びている触角が天牛なのだろうか。

 先日、イチジクの木でキボシカミキリを探した。普段、甲虫に出会えない息子は結構喜んでいたのでこちらも嬉しかった。

 単に、カミキリムシを探すならヨモギのそばで、キクスイカミキリを探すのがいい。小さいのとヨモギを食害するのであまり嬉しい発見ではないが。

 2歳のおチビは、虫のことはなんでも「ハンニョウ(ハンミョウの意)」だ。なかなか可愛らしい。

コメント

このブログの人気の投稿

ベジタリアンを軽んじたらアカン

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

カリフラワーは旨いな。

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

インド料理の食べ方

Waze を使うと、Google Maps のタイムラインが粗いのが不思議。

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

モールミラガイ(カードチリ)

子供が腸重積(ちょうじゅうせき)に

神戸で食べられるビリヤニ