オデッセイア

地中海遺産美術展の女性像。作られたのは2世紀のということですので今から1900年ほど前のもの。非常に整った造形の像です。

 たまたま、「オデッセウスの冒険」という本を手に取ったので読んでみた。盲目の詩人ホロメスの「オデッセイア」をチャールズ・ラムが青少年向けに書き直したものだそうだ。確かに非常に短い本で、2日ほどでほぼ中断せずに読んでしまった。どこかで聞いたことがあるような話の原点はこれなんだという感慨があった。同じような感慨はトールキンの「指輪物語」を読んだときにも感じたが、壮大な世界を作りだしたエネルギーに感服した。

コメント

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

インド料理の食べ方

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

モールミラガイ(カードチリ)

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

帰ってきた Digital HiNote Ultra II