ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro

Olympus E-300 に ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro を装着したところ。

 金曜日に元町のカツミ堂で ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro を27800円で購入。早速いろいろ試しに撮ってみました。カメラもレンズも素人同然なので参考になるようなものではないけど。

 まずビックリするのがレンズの小ささ。コンパクトカメラ並みの大きさしかありません(165g。マクロレンズとしては世界最軽量とのこと)。目測で 1cm 程度かと思います。お蔭で軽い軽い。これまで使っていたのが借り物のライカのレンズなのですが,重量が何百g もありそうなものだったのでそれと比べると雲泥の差。概してマクロレンズはガラスの塊という構成なのでとても異質なレンズかもしれません。コンパクトデジカメのレンズを持ってきたようなものですね(ピンホールかも)。

 最大開口比が F3.5と少々暗いのが難点。目視でピントを合わせるのは至難の業です。
Olympus のフォーサーズ用のマクロレンズ(ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro)を購入しました。これまで使ってきたライカに比べると軽すぎて不安が。レンズが小さくF値が大きいので日中の撮影に期待。

 あいにくこの土日は晴れ間に恵まれなかったのでバッチっとシャープな写真が得られませんでした。

 驚くべきことに滅茶苦茶寄れます。フード端 2cmでもピントが合っているかも。お蔭で等倍まで寄るとフードが邪魔してフラッシュの光が届きません。ちょっと残念。
ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro で撮影したビールの王冠

 解像度はそれほど高くないような気がします。なんかこうぼやっとした感じがつきまといます。
ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro で撮影した遠景。解像度はいま一歩。
オシベの形が釣り針のような花。面白い。
洗面の蘭の花

 背景のボケは綺麗に馴染んでいます。鮮烈な直射光下でのボケを見てみたいところですね。
照葉樹に逆光が当たるとなんとも綺麗な光のシルエットが浮かび上がります。大好きな光景の一つ。

 個人的な評価としてはあと半歩というところかなぁ。もう少しシャープさと明るさが欲しい。特に明るさは目視でピントを合わす必要があるマクロ写真の生命線とも言える部分なので...。

 その他,ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro で撮影した写真

 このレンズを買った勢いでフォーサーズマウントにコンタックスのレンズを取り付けられるマウントコンバーターを注文したのでそちらも楽しみ。手持ちの Carl Zeiss Planar T*50mmF1.4 (MM) を試してみたいなぁ。これで調子がよければコンタックスのマクロレンズに食指を伸ばす予定。

コメント

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

インドレストラン「シュクリヤ」

和製衝撃緩衝機構

インド料理の食べ方