フォーサーズ-コンタックス変換アダプター到着

Carl Zeiss Distagon T* 28mm F2.8 と E-300の組み合わせ

 近代インターナショナルからコンタックス用のフォーサーズマウントアダプターが届いたので早速手持ちのコンタックスのレンズを取り付けて遊んでみました。
 現在手持ちのレンズは,
・Planar T* 50mm F1.4
・Distagon T* 28mm F2.8
 の2本。ファーサーズマウントにこれらのレンズを取り付けると焦点距離が2倍になるのでそれぞれ100mm,56mmのレンズを取り扱うことになります。早速これまでメインで使っていた Planar T* 50mm F1.4 を室内灯下の開放でパチリ。
Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 と E-300の組み合わせで撮ってみました。なんとも被写界深度の狭いこと。
 流石は,F1.4。被写界深度がとても浅くてボケボケがたっぷりです。残念なことにこのレンズは最短焦点距離が45cmなのであまり寄れません。

 次に,Distagon T* 28mm F2.8 も室内灯化の開放でパチリ
Carl Zeiss Distagon T* 28mm F2.8 と E-300の組み合わせで撮ったプレイモービル。
 こっちもボケボケたっぷりです。しかも最短焦点距離が25cmなので結構寄れます。これはいいかも。

Carl Zeiss Distagon T* 28mm F2.8 で撮った蘭の花。人工光下でもここまで綺麗ので自然光下の絵が楽しみ。
 こんな感じ。

 ちなみに,Makro-Planar T*60mmF2.8 というのを新しく買ったので,今後はそれがメインのレンズになる予定。楽しみだ。

コメント

このブログの人気の投稿

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

蘇民将来子孫家門の注連縄

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

ヤマモガシ(山茂樫、Helicia cochinchinensis Lour.)の大木 三重県鳥羽市相差(おおさつ)

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

インド料理の食べ方

ベジタリアンを軽んじたらアカン

モールミラガイ(カードチリ)

クロアナバチの子育て