新開地商店街のインド料理屋さん「RUPYA るぴあ」

新開地商店街にあるインド料理屋さん「RUPYA ルピア」。とても気さくなインド料理屋さんです。

 先日,湊川公園で人工雪で遊べるイベントがあるというので家族で出かけました。そのイベント自体は大したものではなかったのですが,お調子者の息子がお父さんの分の昼ご飯を横取りしてしまったので帰りにどこかお店に入ろうとしていたところRUPYAが出てきた訳です。これ幸いと中に入ると寝ていた子供も起きてしまい結局またご飯を取られてしまうことになってしまった。

 店の中は居酒屋さんのレイアウトです。インディアン居酒屋といったところ。こういうのもありかなぁとちょっと納得。
RUPYA(ルピア インド料理)の店内。ちょっとブレました。造りは居酒屋そのもの。インド人のバイタリティーには感服。

 頼んだのはランチメニューではなくて単品で,マトンカレーとナンとスパイスビーフン,追加でカシミリナン。カシミリナンは先日サプナに行った際に神戸で出しているところは他に無いと言われていたので意地悪にも頼んでみた次第。

 マトンカレーはマトンの臭みが残ったままであまりお勧めできないなぁ。
RUPYA(ルピア インド料理)のマトンカレー(600円)とプレーンナン(250円)。ナンはかなり小振り。タンドールの火力もあまり強くないようで,ちょっと水っぽい。

 下の写真はあんびかのマトンカレーですが,これに近い。もうちょっとスパイステイストが欲しい。
あんびか(ambika インド料理)のマトンカレー。香辛料が弱いです。もっと刺激が欲しいです。

 妻が頼んだスパイスビーフンはビックリするぐらい旨かったです。
RUPYA(ルピア インド料理)のスパイスビーフン(600円)。これは旨味がたっぷりあってとてもとても旨いです。お勧め。
 スープに適度に辛いスープに凄い旨味があって,「むぅ」という感じ。文句なしにお勧めです。

 カシミリナンですが,ココナッツパウダーとドライチェリーをナンの間に挟んで焼いたもので,ほのかに甘いのが特徴。カレーに付けて食べると甘いのと辛いのが混じってとても不思議な味がします。
RUPYA(ルピア インド料理)のカシミリナン(400円)。ナンの間にココナッツパウダーとチェリーを挟んで焼いたナン。サプナで神戸ではここにしかないと聞いていたので試してみました。カレーを付けて食べると確かに不思議な複雑さが生まれます。子供にほとんど食べられてしまった。

 もっとも,カシミリナンは子供にほとんど横取りされてしまったので味見程度しか出来ませんでした。

 プレーンナンが250円,カレーライスが450円,カレーとナンだけのランチが550円ととても安いのですがその分全体に小振りです。特にナンは小さいですね。また窯の火力も弱いようでしっとり感が強いです。個人的にはチャパティやロティの方が店の雰囲気に合っていると思う。

 いろいろインド料理屋さんで話を聞いているとインドの人って下町の雰囲気が好きというか合っているみたい。新長田のティフィンもそうだし,サプナでも鈴蘭台にいた頃に鍛えられたと言っていたしなぁ。面白いもんだ。

INDIAN RESTRANT & BAR
RUPYA(ルピア)

神戸市兵庫区新開地2-7-18 Google Local
Tel:078-575-5986
営業時間:11:30 ? 22:00 定休日?
新開地商店街の教会の向かい

[神戸] [とにかくカレーピープル] [あなたが一押しの美味しい情報]

Tags:

コメント

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

インド料理の食べ方

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

和製衝撃緩衝機構

モールミラガイ(カードチリ)