ウロコフネタマガイ(Crysomallon squamiferum)

ウロコフネタマガイ(Crysomallon squamiferum)。新江ノ島水族館にて

 新江ノ島水族館で撮影した、ウロコフネタマガイ(Crysomallon squamiferum)。なんと、深海の熱水噴出孔に棲み、足に硫化鉄の鱗をまとっているという強烈に変わった貝の仲間だ。学名と腹足綱(Gastropoda)までは調べられるのだが、なに目、なに科に分類されるのが皆目分からない。英語でも有効な情報を得ることができない。新しい科であるらしいのだが...。誰に聞いたら分かるんだろうか???

 Wikimedia Commons に放り上げておいたので、好事家が情報を保管してくれることを望もう。

コメント

Susumu さんのコメント…
http://en.wikipedia.org/wiki/Scaly-foot_gastropod
に属する科の名前など書いてありますよ。
OpenCage さんの投稿…
新江ノ島水族館では最近まで生体展示されていたようですね。見てみたかったです。

分類に関しては、その後自力で調べました。以前は珍しかった貝ですが最近では結構情報が得られるというか、有名ですね。

情報提供有難うございました。

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

インド料理の食べ方

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

和製衝撃緩衝機構

モールミラガイ(カードチリ)