GanntProject



 GanntProject、Planner、Open Workbench のWindows版をダウンロードして試用を試みた。まず、Planner on Windowsは GDK+ のインストールが必要なので、とりあえずパス。GanntProjectと Open Workbench をインストールしてみたが、Open Workbench は最新の Java 環境ではバージョンチェックに引っかかってしまい、インストールが受け付けられなかったので、結局使えたのは、GanntProjectだけ。Open Workbenchは煽動的な売り文句をサイトに掲げているが、開発は2005年12月で止まっているようだ。

 いつも不思議に思うのだが、この手のプロジェクト管理ソフトはJavaをよく使う。GanntProjectもJavaで動くソフトだ。XMLを扱いやすいのが理由だろうか?

 ざっと使ってみた感じでは、メニューも日本語化されてるし、適当に使い勝手がいい。直感的とまではいかないが、試行錯誤で大体何とかなりそうだ。

 ガントチャートを使ったプロジェクト管理を Webアプリで実現すれば随分と使い勝手がいいと思うのだが、Google Calendar の機能拡張で取り込んでくれないだろうか。

 試しにエクスポートしたプロジェクトを表示できるようにしてみた。

 WebDAVやFTPでプロジェクトファイルそのものはサーバー間のやり取りができる設計であるが、できればエクスポートするファイル群もサーバーにアップロードできたら便利だろうな。

コメント

このブログの人気の投稿

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

Ubuntu で 右クリックでファイルのパスを取得したい → 難しいことは不要だった。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

Nexus 5X が起動しなくなり、Sony Xperia XA1 Plus を買ったのだがカメラが残念すぎる。

ネットワークのスループットを知るために iperf

接点復活剤を鍵穴に一吹きすると

インド料理の食べ方

神戸で食べられるビリヤニ