テングチョウ Libythea lepita

テングチョウ Libythea lepita (Moore, 1857)<br />動物界(Animalia)  節足動物門(Arthropoda)  昆虫綱(Insecta)  チョウ目(鱗翅目)(Lepidoptera)  タテハチョウ科(Nymphalidae)  テングチョウ属(Libythea)

 Wikimedia Commons に登録したテングチョウの写真の学名が Libythea celtis から Libythea lepita に変更されていた。see http://www.tolweb.org/Libythea_lepita/76306 ということなので、見てみると 以前亜種として取り扱われていたけれども、インド、パキスタン、中国西部、韓国及び日本に生息する種として独立するという論文が出ているとのこと(鱗翅学会機関誌「蝶と蛾」2006年)。

 まだ一般化していないようで、web上にほとんど情報がない。とりあえず写真は全て Libythea lepita に変更しておいたが、一般化していない最新情報をどう取り扱うかというのは難しい問題だ。

コメント

このブログの人気の投稿

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

インド料理の食べ方

Ubuntu で 右クリックでファイルのパスを取得したい → 難しいことは不要だった。

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

接点復活剤を鍵穴に一吹きすると

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

西宮市の古いマンホールの蓋