聞きたいこととに対して言いたいことを応える人に辟易

クリスマス装飾

 最近、辟易しているのが「聞きたいこと」に対して、「言いたいこと」で応える人たちだ。あと、3秒、5秒待てば「聞きたいこと」が云い終わるのに、自分の「言いたいこと」を言い始める。そんな人に限って、検証の対象が足りなかったり、独断・独善であったりする。

 そういうことが何回か続くと、イライラとしてしまう。周囲の人には、最近人格が変わったと思われているかもしれない。しかし、こう、ムカッとくるトリガーなのだろう。

 他のことでもそうだが、「もうちょっとだけ」を待てないという人が増殖中だ。しかも60代の小年寄りにそういう人が非常に多い。電車で降りる人を待たずに乗り込んでくるのもそういう年齢の人たちが多い。

 チビを抱える親として嫌なのが、そういうオジイチャン、オバアチャンが孫にそういう事を伝達することだ。以前にビックリしたのが、交通科学博物館のクイズマシンの上に、孫を土足のまま載せてあげていた姿だ。

 子供達が大きくなっていく過程をもうちょっと想像して欲しい。小年寄りにとっては愛玩の対象かもしれないが、彼らは将来の社会の担い手なのだ。子供達の序列社会がなくなった今、道徳観や社会の掟を教えられるのは身内しかいないのだ。小年寄りたちはそういうことをキチンと考えて襟を正して欲しい。

コメント

このブログの人気の投稿

ベジタリアンを軽んじたらアカン

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

インド料理の食べ方

モールミラガイ(カードチリ)

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

Waze を使うと、Google Maps のタイムラインが粗いのが不思議。

六甲アイランドの翠亨園の飲茶バイキング。

クロアナバチの子育て