オオキバナカタバミ

オオキバナカタバミ(大黄花片喰、Bermuda buttercup, African woodsorrel) Oxalis pes-caprae L. 植物界(Plantae) 被子植物門(Magnoliophyta) 双子葉植物綱(Magnoliopsida) フウロソウ目(Geraniales) カタバミ科(Oxialidaceae) カタバミ属(Oxalis)  神戸市東灘区にて

 オッタチカタバミとして登録していたうえの植物は、オオキバナカタバミ Oxalis pes-caprae L. ですよと教えていただいたので早速訂正。最近カタバミ属と思われる園芸品種をよく見かける。カタバミの仲間は生命力も繁殖力もとても強いように思うので本当にこんな草を戸外に放置してもいいのだろうかと少し疑問に思っている。

コメント

このブログの人気の投稿

ベジタリアンを軽んじたらアカン

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

インド料理の食べ方

モールミラガイ(カードチリ)

Waze を使うと、Google Maps のタイムラインが粗いのが不思議。

六甲アイランドの翠亨園の飲茶バイキング。

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

カリフラワーは旨いな。