CX1 の DRモードと高感度撮影

リコー CX1 ISO80
リコー CX1 DRモード ISO200に固定される。

 リコーCX1のDRモードを試してみた。上の写真がISO80で撮影したもの。下の写真がDRモードで撮ったもの。DRモードだとISOが200に固定される。DRモードだと黒が締まって立体感が出る。ヒストグラムを見ると明暗が広範囲になっていることが確認できるが、劇的な変化が見える訳ではない。適当にいい塩梅を見つけよう。

 ちょっとショックだったのが、ISO1600での撮影。

リコー CX1 ISO1600

 盛大に擬色が発生して見れたものではない。GRDは画像は荒れるがここまで嘘っぽい絵にはならなかった。これでは、水族館でサブ機として利用できそうにない。眩暈がしそうだ。

 ISO80 で手持ちで頑張った方が綺麗な絵が撮れるのだが、生きものは止まっていれくれないから慰めにならない。

リコー CX1 ISO80 1/2秒手持ち撮影

コメント

匿名 さんのコメント…
DRモードを試すには被写体が悪すぎるかと。
もっと滑らかなものでないと実験にならないと思います。

このブログの人気の投稿

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

Ubuntu で 右クリックでファイルのパスを取得したい → 難しいことは不要だった。

インド料理の食べ方

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

西宮市の古いマンホールの蓋

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!