Ricoh CX1 届く

息子が砂場で見つけた帆立貝 Patinopecten yessoensisの殻

 金曜の晩に注文した リコーの CX1 が日曜日に届いた。まだいろんな機能を試している段階で、本番使用が出来ていない。GRD2と比べると絞りを自分で設定できないので結構戸惑っている。注目していたダイナミックレンジ拡張機能も目玉が飛び出るほどのビックリする機能ではないかもしれない。まだ効果の強弱などを試してないので最強にしたら面白いものが得られるかもしれないが。

 CX1を買っておいていうのも変だが、GR Digital II は使いやすかった。握りやすいグリップとスクエアフォーマット(1:1)、樽型収差のないレンズ、電子水準器、これだけでも今3万円で買えるのであれば、持っていない人は買っておいて損はないと思う。ISO400以上の高感度がもっと強ければ、CX1ではなく、GRD2を買っておくべきだったと強く後悔していたように思う。

 ともかくは、CX1の使い方に習熟して使い勝手の良い部分を引き出していこう。

コメント

このブログの人気の投稿

ベジタリアンを軽んじたらアカン

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

インド料理の食べ方

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

カリフラワーは旨いな。

Waze を使うと、Google Maps のタイムラインが粗いのが不思議。

モールミラガイ(カードチリ)

神戸で食べられるビリヤニ

六甲アイランドの翠亨園の飲茶バイキング。