MindTouch Core アップデートトラブル解決

アムールトラ(アムール虎、Amur Tiger, Siberian tiger) Panthera tigris altaica (Temminck, 1844) 動物界(Animalia) 脊索動物門(Chordata) 哺乳綱(Mammalia) ネコ目(食肉目)(Carnivora) ネコ科(Felidae) ヒョウ属(Panthera)   天王寺動物園にて

 ようやく、MindTouch Core の復旧に成功。一安心。そもそも何がトラブルの原因か、判明していないのだが、バックアップから復旧する方法は確認できた。バックアップの方法自体は簡単で、

ファイルのバックアップ
(1) /etc/dekiwiki/mindtouch.deki.startup.xml、/etc/dekiwiki/mindtouch.host.conf、/var/www/dekiwiki/LocalSettings.php の3つの設定ファイルのバックアップを取る。
(2) /var/www/dekiwiki/attachments のフォルダーを丸ごとバックアップする(tar cvzpf とか)。
データベースのバックアップ
(1) mysqldump -u{{user}} -p{{pass}} wikidb > wikidb.sql とする。

 基本的にはこの3つの事をするだけで、オフィシャルVMから上位バージョンのVMや、OSにインストールしたものにも環境を移行することができる。作業手順を少なくするためにバックアップフォルダーに放り込んで、tarで固めて一つのファイルにして外に放り出すのが便利(外部にファイルを出す方法が分からなかったので、xorgとgnomeをインストールしたのは情けない)。

 復旧の方法は、それぞれのファイルを元の位置に戻したり、データベースをインポートすれば良いのだが、それぞれのファイルの権限を 755に変更すること、データベース(デフォルトは、wikidb)は一旦ドロップ(drop)してからインポートすればいい。気をつける点は、wikidbの管理者はシステムが作成するので、それぞれの端末でパスワードが全て異なる点だ。同じサーバーへのリストアなら問題ないが、別のサーバーに移行するなら、wikidbadmin(wikiuser) の設定をそのサーバーに合わせてあげないといけない。

 簡単なのは、VMを使うか、一旦MindTouch Coreをインストールしてしまってからデータ一式を消してしまうことだが、/var/www/dekiwiki/LocalSettings.php を更新する前に、$wgDBadminpassword = の文字列を確認しておいて、/var/www/dekiwiki/LocalSettings.php の更新後に元のパスワードに戻してあげれば良い。/etc/dekiwiki/mindtouch.deki.startup.xml の

コメント

このブログの人気の投稿

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

蘇民将来子孫家門の注連縄

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

ヤマモガシ(山茂樫、Helicia cochinchinensis Lour.)の大木 三重県鳥羽市相差(おおさつ)

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

ベジタリアンを軽んじたらアカン

モールミラガイ(カードチリ)

インド料理の食べ方

クロアナバチの子育て