マザーボードの交換案:Iwill DP533

 現在使っているデスクトップ機のマザーボードはSupermicroのP4DC6+なのですが,拡張を考えているといろいろ障害が考えられるようになってきた。今後の方向性としては,
 1. SATA RAIDで高速化(RAID0の魔力にやられた)
 2. メモリー much more
を考えたい思っている。しかし,P4DC6+だと,
 1. IDE or SCSIからのみ起動(拡張カードからの起動不可)
 2. RDRAM(2GBまでしかボードが対応していない上に超高価)
あたりがネックになり残されたパフォーマンスアップの道はIDEのHDDのスピードを上げる程度しか残されていない。SCSIドライブの導入は音を考えると現実的ではないし,RAID0で無茶をする方が面白い。

 ということでマザーボードを替えちゃうのが一番いいかなという結論に達した。で,
 1. RAID0でフルスペック → 66Mhz PCI(PCI-X)
 2. DDR-SDRAM 4GB程度
 3. SCSIなし
 4. AGP 8x
Iwill DP533という条件で探すと Iwill の DP533 がいい感じ。古いボードなので金額に動きも無く5万円程度らしい。
 金額を考えると追加投資で必要になるのが,ボードで5万,DDR-SDRAM 1GBX4で8万ということになり,13万円程度が必要ということに。メモリは当面2GBでもいいなら9万円。結構な金額になるなぁ。1年位先を目処に実行しよう。

コメント

このブログの人気の投稿

ベジタリアンを軽んじたらアカン

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

カリフラワーは旨いな。

Waze を使うと、Google Maps のタイムラインが粗いのが不思議。

インド料理の食べ方

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

妙に格好いいゴミグモ(Cyclosa octotuberculata)

六甲アイランドの翠亨園の飲茶バイキング。

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!