ヒマラヤムカシトンボ

ヒマラヤムカシトンボ(ヒマラヤ昔蜻蛉、Relict himalayan dragonfly, Himalayan Relict Dragonfly) Epiophlebia laidlawi (Tillyard, 1921) 動物界(Animalia) 節足動物門(Arthropoda) 昆虫綱(Insecta) 蜻蛉目(トンボ目)(Odonata) ムカシトンボ科(Epiophlebiidae) ムカシトンボ属(Epiophlebia)   佐用町昆虫館にて

 佐用町昆虫館でムカシトンボとヒマラヤムカシトンボが並べて展示されていたので撮影してきた。ヒマラヤムカシトンボの成虫の標本はかなり珍しいはずで、学名で検索しても写真はほとんど掲載されていないようだ。標本というのは保存するのは目的なのでなかなか写真として掲載されるものがないようなのだが、きちんと個々の標本の写真を取って、データベース化すれば凄い目録ができる筈だ。

コメント

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

トビウオの素晴らしい輝き

Google スプレッドシートの Text関数に英語の表記がない。でも、英語じゃなくても表示ができる。

インド料理の食べ方

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

帰ってきた Digital HiNote Ultra II

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!