再びシュリカンド(Shrikhand)

シュリカンドを作る。ダヒに砂糖とピスタチオとサフラン、ドライフルーツを入れてかき混ぜるだけ。今回はサフランがちょっと強かったようだ。

 昨日は改めてシュリカンド(Shrikhand)を作ってみた。ベースになっている水抜きヨーグルトがダヒだと分かり、派生料理も作ってみたかったのだが、息子の誕生日用ということで全部甘い料理に使ってしまった。

 まず、前の晩にヨーグルトに布で包んで吊るしておく。キチンクロスという使い捨ての不織布を使っている。
ヨーグルトから乳清を落としてダヒを作る。

 一晩吊るしたままにすると、こんな感じの塊になる。これがダヒ(Dahi)。容量は最初の半分ぐらいになってしまう。前回は3時間位でも同じくらいにまではなるようだ。
一晩吊るして作ったダヒ。こってりした感じに仕上がる。3時間ぐらいでも同じ位にはなる。

 染み出した乳清。冷やしておいてあとで飲む。
ダヒを作ったときに出てきた乳清(ホエー whey)。ヒンディーと英語のちゃんぽん。

 冷蔵庫で冷やしておいたダヒにお湯でふやかしたサフランとナッツと粉砂糖を加えて混ぜる。
シュリカンドを作る。ダヒに砂糖とピスタチオとサフラン、ドライフルーツを入れてかき混ぜるだけ。今回はサフランがちょっと強かったようだ。

 ドライフルーツを混ぜるの忘れてたんで改めて加えて出来上がり。今回はサフランの風味も強い。
シュリカンドの出来上がり。

コメント

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

トビウオの素晴らしい輝き

Google スプレッドシートの Text関数に英語の表記がない。でも、英語じゃなくても表示ができる。

インド料理の食べ方

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

帰ってきた Digital HiNote Ultra II

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

雪の結晶 Snowflakes