カレーのコク

NANAK(ナーナック、インド料理、六甲アイランド)のラムチョップカレーセット。ヴェリーホットを頼むと、本当に辛かった。

 インド料理を作るのに一番難しいなぁと思うのがコクを出すこと。汁っぽいカレーもそれはそれでいいのだが、やっぱり子供たちが食べること思うとまろやかさやコテッとした感じが欲しいところである。

 ポピーシードを試したり、ヨーグルトを試したりしているが、結局市販のカレールーを補ってしまうヘタレ状態で悲しい。ホレンソウを使うのが手っ取り早いのでよく利用している。ものの本を読むとカシューナッツをすり潰したものを入れたりしているようだが、流石にそこまですると庶民料理では無くなってしまうような気がする。

 簡単で、個人的に好きなのはレンズ豆(マスール、英語ではレンティル)をひと握り入れるのが好きなのだが、少し豆特有の生臭みがあるので家人たちには不評だ。旨いのに残念。まだまだ勉強することが山積みだ。

 週末のインド料理は、オクラのサブジとキュウリの皮のフライドライス、カレーは家族の反対を押し切ってマスール・アルとかつくりたいなぁ。

コメント

このブログの人気の投稿

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

Ubuntu で 右クリックでファイルのパスを取得したい → 難しいことは不要だった。

インド料理の食べ方

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

西宮市の古いマンホールの蓋

肺活量 6500cc