RIMMの終焉

 RIMMを搭載したマザーボードは既に殆ど作られていないんですね。今後量産効果で安くなることもなさそうなので切り捨てに掛かった方が正解かも。
 先日,Dual Xeon 機を再インストールして,余分なソフトが入っていない軽い状態で使っているので,非常に快適。
 電原を入れ替えたので非常に静かになったし,これはwebサーバーに転用してもいいかなぁと思っているのだけれど,SCSIをジャンパーピンで無効にしても立ち上がりでハードディスクを探して,シリアルATAからブートさせてくれないので結構不便。オマケにメモリーが ECC 必須の RIMM なので,メーカー品の1GBを買おうと思ったら10万はする程高いのだ。

 ということで,RIMMが嫌いになったのであった。

コメント

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

インド料理の食べ方

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

モールミラガイ(カードチリ)

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

インドレストラン「シュクリヤ」

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

帰ってきた Digital HiNote Ultra II