テクノラティとテクノラティジャパン

鉢で飼われている金魚。可愛い

 記事が消えてしまったので書き直し。ショック

 昨日,ふとテクノラティジャパンbubble iconを覗いてみると,画面が本家のテクノラティbubble iconに合わせたデザインに変更されていました。
 ちょっと勘違いして,テクノラティジャパンのブログbubble iconにサインインできないんじゃないかなぁと書いてしまったら,実際にはちゃんとサインインできたりして,ちょっと恥ずかしい思いをしたのですが,折角なので,本家の日本版の比較をしてみました。

 リニューアルされた本家のテクノラティは,例えば,このblogについて検索すると,
http://www.technorati.com/search/opencage.blogspot.com/
というURI表記になります。これまでの検索用のURIは,
http://www.technorati.com/cosmos/search.html?url=http://opencage.blogspot.com/
で,この形式はリニューアル後も利用することができます。

 話は逸れますが,特定のディレクトリ以降の文字列を変数として取り込んでいるのはどんな方法を使っているんだろう?
 Googleの検索は,url変数付きのページがとことん弱い(外部サイトからリンクされていれば問題ないようだけど)ので,URIとして表記できるというのは検索で見つけてもらうという観点からは物凄いメリットがあるのです。情報技術というのは本当にいろんな方法論を持っているものだと,感心。

 一方,テクノラティジャパンでは,
http://www.technorati.jp/search/search.html?query=http%3A%2F%2Fopencage.blogspot.com%2F&language=ja
という表記になります。Blogとの連携で云うと,?query=の後にパーマネントリンクをくっつけるだけなので,こちらの表記の方が楽チンですね。

 で,日本版には Tag の検索ができないんですね。これはちょっと残念。tagって雑音が多いんですけど,これはこれで思わぬ発見がありそうで面白いんですけどね。特に日本語だと候補が絞られる訳ですから,結構有効に働いてくれそうに思うんですけどね。

 ちなみに,テクノラティジャパンbubble iconのトップDVDだとか,トップゲームはアマゾンのアフィリエイト(technorati-22)なんで,「ふーん」といったところ。

Trackbacked to [四角写真倶楽部] [WEBトレンド・WEB関連総合技術・ニュース]

Tags:

コメント

collet/* さんの投稿…
昨日こちらへ来て、以下のコメントを書き込んできたつもりだったのですけれど・・・

  ★

「Flickr」お勧めを有難うございますm(_*_)m
サイトがとても広いので・・・何処へお返事を書けば良いものかと迷いました。

「Flickr」という文字を見つけましたので、ここに書き込むことにしました?♪
何処へ行っても迷子にはなるし、物忘れはひどいし・・・
とても大変なコレットですのでご迷惑おかけすることも多いかと思いますけれど・・・
どうぞよろしくお願い申し上げます?♪

いっぱいやってみたいことばかりが多くて、
無料だからと・・・ゲームにまで首を伸ばしています^^

  ・・・・・・・また・来ますね? ヽ(´▽`)/

Comment by collet/* — 2005年7月5日(火曜日) @ 12時42分09秒

                                   ★


じつわぁ?やっぱり迷子になっていたようで、
http://osanpo.kirakuna.com/
http://osanpo.kirakuna.com/modules/wordpress/index.php?p=96
  こちらに書いていました(´。`)ウウッ     (O.O;)(oo;)




 これからもどうぞよろしくお願い申し上げます!!

        m(_*_)m m(_*_)m

このブログの人気の投稿

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

インド料理の食べ方

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

Ubuntu で 右クリックでファイルのパスを取得したい → 難しいことは不要だった。