久し振りにフェリーを見に行って見ました。

新門司へ向かう阪九フェリーの「フェリーすおう」

 昨日は南港に用事があり,車で出かけていたのですが,帰りに乗り物好きの息子と一緒に六甲アイランドのフェリー乗り場に行ってみました。

 以前は金曜日の晩にオートバイと一緒に乗り込んで,土日を九州で過ごして,月曜日の朝に帰ってくるという4泊2日の旅なんかをよくしていましたが,バイクを乗らなくなってから,随分とご無沙汰していました。
 以前は神戸ー別府だったから,やまなみハイウェイにも近く阿蘇山に行くのも便利だったんです。気持ちのいい場所でした。

 船の旅というのは結構面白くて,2等の客室は雑魚寝で居心地は良い訳ではないですが,雰囲気が好きでした。今は子供が小さいのでちょっと使えないですけど。

 久し振りに見たカーフェリーはデカイですね。海に棲む鯨が動物の中で一番大きいですが,船も乗り物の中では一番大きいでしょう。存在感があります。
 フェリーで面白いのは,意外なことに風呂がでかいことですね。とてつもなく大きなエンジンを積んでいますから排熱も多いのだと思いますが,海の中の展望露天風呂というのはなかなか乙なものです。

 この日は,阪九フェリーbubble iconの「フェリーすおう」が就航にあたっていました。

 これまで出港をつぶさに見たことはなかったですが,とてもスピードが速いことに驚きました。するすると岸壁から離れて行き,あっけない程のスピードでぐんぐんと遠ざかっていきます。
 物理的に圧倒的ですね。こんな巨大なものを運転するというのはどんな気持ちなんでしょうか,凄いなぁ。

 一度のんびりとした船の旅を楽しんでみたいものです。

阪九フェリー。新門司まで行くフェリーで,... フェリー乗り場の錆びた自転車... 新門司へ向かう阪九フェリーの「フェリーす... 阪九フェリー乗り場から見た六甲山に沈む夕... 車の窓に映りこんだ夕日...

Trackbacked to [神戸] [*町グラファー*] [photo people*] [船ピープル]

Tags:

コメント

このブログの人気の投稿

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

Ubuntu で 右クリックでファイルのパスを取得したい → 難しいことは不要だった。

インド料理の食べ方

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

西宮市の古いマンホールの蓋

肺活量 6500cc