Caplio GX を分解

 修理代が21000円以上掛かってしまうので修理を取り下げた Caplio GX が戻ってきたので分解して自力修理を試みてみました。

 まず最初に引っかかったのがカバーの外し方。ネジはどんどん外していって構いませんが,特定の部位にしか使えない長さのネジがありますので,元の位置が分かるようにしなければなりません。紛失防止も兼ねて粘着テープを裏返したものに元の位置に合わせてネジを張り置きしていきました。なかなか便利な方法です。

 一通りネジを外したのですが,どうも裏蓋が外れてくれません。抜けそうで抜けないのでこじったりしていたのですが,
Caplio GX の分解中。ネジを全部外して裏蓋を取ろうとするのですがこれがなかなか外れません。

 正解は,外部ストロボの取り付け部の板バネを正面側から薄いマイナスドライバーで押し込んで外します。すると下にネジが3個出てきます。穴は4つなのになぜ3つしかネジ止めされてていないのかは謎です。前回の修理で付け忘れているのか,下に通っているシート配線を守るためかどちらかだと思います。
Caplio GX を分解するにはストロボ取り付け部のバネを外してその下のネジを外さないといけない。

 これでようやく外装を外すことができます。内部は結構雑然としてますねぇ。
Caplio GX の裏蓋を外したところ。
Caplio GX の前蓋を外したところ。

 で,光学デバイスを触れるようになりますので,胴沈部を持って直接廻してみます。すると,駆動ギアのなかに石が噛みこんでいるのが見えます。結構大きいのが入っているようです。これを細い金属棒を使って取り外しますが,簡単には取らせてくれません。奥に入っていきそうになるので,ある程度まで動かしたら逆さまにして振動を与えてみることにしました。
Caplio GX の光学デバイス基部。レンズ送りのギアの歯に石が噛んでいます。ちょっと砕けている模様。

 底部を覗くとなにやら他にも小さな石や半田片が落ちているようです。小石はともかく,半田片はマズいでしょう。どこから半田が外れているのか分かりませんが,ここまでバラしてしまったんだから,あまり深く考えず取り除くだけにしました。
 小石は,長辺で1.6mm,半田は2mmあります。胴沈部から入り込める大きさではありませんので,別に入りやすい部分がありそうです。AV-OUTあたりかな。
Caplio GX の内部から出てきた長辺1.6mmの石と2mmの半田。半田はどこから外れたんだか?

 一応作業は終わらせて組み立て組み立てている最中に,外部ストロボの取り付け部に付いていた細いリード線を断線してしまいました。通常OFFになっている部分だし,外部ストロボを使うことはありえないので,断線したまま取り付けました。一段落。
Caplio GX の分解作業で外部ストロボの取り付け部のリード線を千切ってしまいました。ストロボ使わないのでそのままにしてます。

 さて,動作確認と電源を入れてもウンともスンともいいません。うわ,ヤバっと思いましたが,電池を入れ替えてみると無事動き出しました。ちょっと音がしますので,不安は残ったままですけど。

 試写。分解のときに使ったPBの極細プラスドライバーです。大丈夫みたいですね。
大活躍中のPBの極細プラスドライバー。Caplio GXの分解・復元後に初めて撮った写真。とりあえず復活か。

 とりあえず,GR1Dが出るまで頑張って欲しいなぁ。

This post is trackbacked to [photo people*] .

Technorati Tags: : Cosmos

コメント

GXだいすき さんのコメント…
レンズアダプターの根元がもげてしまい、分解しました。
ホットシューのネジは、私のも3本でした。よく見ると下に基板がある様にも見えます。

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

Dokuwiki の interwiki で、Google翻訳へのショートカットを作成する際は一癖あり。

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

インド料理の食べ方

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

子供が腸重積(ちょうじゅうせき)に