姫路市立水族館の駄目硝子

イトモロコ(糸諸子、) Squalidus gracilis gracilis (Temminck & Schlegel, 1846) 動物界(Animalia) 脊索動物門(Chordata) 条鰭綱(Actinopterygii) コイ目(Cypriniformes) コイ科(Cyprinidae) スゴモロコ属(Squalidus)   姫路市立水族館にて

 姫路市立水族館の新しい展示室、モノレールの横にある淡水魚展示スペースの硝子が明らかにおかしい。肉眼ではきちんと見えているのだが、写真機で撮影するとピントが合わない。大して暗い場所でもないのに、硝子に対し垂直に撮影しても駄目。どういう硝子を使っているのだろうか?

コメント

このブログの人気の投稿

ベジタリアンを軽んじたらアカン

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

カリフラワーは旨いな。

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

インド料理の食べ方

Waze を使うと、Google Maps のタイムラインが粗いのが不思議。

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

モールミラガイ(カードチリ)

子供が腸重積(ちょうじゅうせき)に

神戸で食べられるビリヤニ