ヒング(アサフェティダ)はガラス瓶に

L.G社の白いプラスチックボトルのヒング。匂いが強烈なので硝子のジャム瓶に入れることにした。匂い漏れなし!

 日本で売られているヒング(アサフェティダ、南〜西アジアで使われるスパイス)で、加熱されると玉葱を調理した時のような旨みが発生します。

 旨みの一角を担うスパイスなのですが、熱を加えるまではなんとも云えない(饐えた雑巾とかキツイ体臭とか)強烈な臭いがしていて、馴れてもかなり気になる臭いなのです。

 日本には何種類か入ってきているようですが、よく見かけるのが、白い瓶のもの。



 これがなかなか臭う。保冷用のジップロックに入れても効果なし。なので、最終的に選択した方法がジャムの入っていたガラス瓶。シールもしっかりしているし、まったく臭いが漏れて来ません。

 注意しないといけないのは、瓶が斜めになっていたら蓋を開たときに粉が落ちてくるので、蓋を開ける前にはトントンと叩いておくと大丈夫です。

コメント

このブログの人気の投稿

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

Ubuntu で 右クリックでファイルのパスを取得したい → 難しいことは不要だった。

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

西宮市の古いマンホールの蓋

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

インド料理の食べ方

バラクーダのブラックリスト Barracuda blacklist