南インド料理のバリエーション

オクラと丹波の黒豆を南インド料理に。

 今日は晩ご飯に料理のバリエーションを増やす工夫をしてみた。試したのは「オクラと丹波の黒豆」と「鶏もも肉」。まずオクラと黒豆はマスタードシード、カレーリーフ、クミンをテンパリングしてターメリック、ヒング、ココナッツスレッド、ウラドダルを足したあと、オクラと黒豆を投入。塩で足してよく混ぜ、蓋をしてしばらく蒸し焼きにする。ここまでが共通。

 半分を皿に開け、粗熱が取れてからヨーグルトと混ぜてパテャディーの出来上がり。
オクラと丹波の黒豆のパチャディー。まったく違和感なく美味しい。

 もう半分は鍋に残したままココナッツファインをたっぷり振り、軽く混ぜあわせてポリヤルの出来上がり。
オクラと丹波の黒豆のポリヤル。黒豆の甘さがココナツとよく合う。

 鶏もも肉はニンニクと生姜を混ぜたヨーグルトで漬け込むところまで一緒。そこから玉葱を炒めてトマトでグレービーを作って肉を入れるパターン(子供用)と、マスタードシード、カレーリーフ、メーティー(フェヌグリーク)、フェンネルでテンパリングして品具と青唐辛子を足したものに肉を入れ、蓋をして蒸し焼きにしたものという2種類を作った。

 ということで、今日の晩御飯はこんな感じになりました。

2011年10月23日の晩御飯。鶏もも肉のトマト風味とチリ・フェンネル風味、オクラと黒豆枝豆のポリヤルとパテャディ、トマトのコリアンダー風味ラーイター、柿のウールガイ、マンゴーのウールガイ、アッパラム。

コメント

このブログの人気の投稿

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

蘇民将来子孫家門の注連縄

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

ヤマモガシ(山茂樫、Helicia cochinchinensis Lour.)の大木 三重県鳥羽市相差(おおさつ)

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

ベジタリアンを軽んじたらアカン

インド料理の食べ方

モールミラガイ(カードチリ)