アメンボのように水に浮かぶアシナガバチ

水の表面張力を利用して水面に止まり,水を飲んでるアシナガバチ。一応サルスベリの枝を足掛かりにしていますが,ほぼアメンボ状態。

 公園をブラブラとしていると,噴水池の上を飛び回っているアシナガバチがいましたのでちょっと様子を見ていました。噴水池には傾斜地がなく,着地できる場所がないのでウロウロと場所を探しまわっていたようです。

 ようやく蜂がいい場所を見つけて着水したので,そーっと写真を撮りに行くと,なんと,サルスベリの枝に右の前足を一本掛けて,その他の5本の足はアメンボのように水の表面張力を利用して水面に踏ん張っています。

 経験で知っているのか,たまたまできたのか知る由もありませんが,なかなか興味深い場面に出くわしました。

 小さな昆虫であっても素晴らしい応用力があるのですね。

[四角写真倶楽部] [photo people*] [インセクトピープル]

Tags:

コメント

このブログの人気の投稿

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

蘇民将来子孫家門の注連縄

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

ヤマモガシ(山茂樫、Helicia cochinchinensis Lour.)の大木 三重県鳥羽市相差(おおさつ)

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

ベジタリアンを軽んじたらアカン

モールミラガイ(カードチリ)

インド料理の食べ方

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。