古い記事の編集画面呼び出しサービスを開始

本当は真新しい石造なんですが,Picasaで古っぽく加工してみた。大黒さんと恵比寿さん。長田神社にて。 大して凄いことをしている訳ではないのですが,bloggerの古い記事を編集できるように画面を呼び出す仕組みを作りました。というのも,bloggerの編集画面は300件までの記事しか表示してくれません。なので,古い記事が凍結されてしまって,修正のしようがなくなってしまい,ちょっと困ります。表記間違いに気が付いた場合などはやはり直したいですねよ。

 やっていることは簡単で,コメント投稿のurlが,http://www.blogger.com/comment.g?blogID=xxxxxxxID=zzzzzzzzzzzz という書式なので,これを編集画面のurlであるhttp://www.blogger.com/post-edit.g?blogID=xxxxxxxID=zzzzzzzzzzzz に変更しているだけです。

 今のところ,突貫工事で作ったのでコメント機能を利用しているblogしか使えませんが,もう暫くしたら記事のurlだけでページを生成できるようにできると思います。そうなれば,海外向けにサービス提供してみよう。

 → haloscanのトラックバックサービスを導入するとこのサービスは使えないので,やはりhtmlの中身を解析する必要がある。

コメント

このブログの人気の投稿

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

Ubuntu で 右クリックでファイルのパスを取得したい → 難しいことは不要だった。

インド料理の食べ方

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

西宮市の古いマンホールの蓋

肺活量 6500cc