Ubuntu で HTC Desire のスクリーンショットを撮る。

忍者月光のブリキのオモチャ。有馬玩具博物館にて

どちらかというと、HTC Desire のスクリーンショットをUbuntuで撮る方法という方が適当かもしれない。なにせ、Android端末は単体ではスクリーンショットが撮れないということになっているので。端末のrootを奪取したらできるようになるらしいのだが、流石に遊びでそこまでできないので正攻法で挑む。

Ubuntu側の準備

多分、Javaの実行環境が入っていないといけないので OpenJDK がインストールされてなければインストールしておく。

Ubuntuは標準ではAndroid端末を認識できない(Bug #316215 in udev (Ubuntu): “rule to enable use of android's adb”)とのことなので、AndroidScreenshots - Community Ubuntu Documentation のとおりに、UDEV ルールというのを追加する。

ターミナルを開いて、
gksudo gedit /etc/udev/rules.d/90-android.rules
を入力し、起動されたgeditに文字列を追加して保存する。
SUBSYSTEM=="usb", ATTRS{idVendor}=="0bb4", MODE="0666"
そして、ターミナルで以下のコマンドを入力し、UDEVサービスを再起動する。
gksudo service udev restart

Android側の準備

設定>アプリケーション>開発を選択し、USBデバッグを有効にする。


HTC Desire をPCと接続する。接続モードは何でも良い。HTC Syncにすると、接続相手を探す時間がもったいない。


SDKの入手

次に、Android SDK をダウンロードしてきて、どこでもいいので展開しておく。Android SDK | Android Developers

展開したSDKのtoolsフォルダー内の ddms をダブルクリックする。実行可能なテキストファイルなのでどうする?と聞かれるので実行するを選択する。


すると、Dalvik Debug Monitor が立ち上がり、下のような画面になっているはず。


接続されているAndroid端末を選択し、メニューの Device から Screen capture .. を選択するか、Ctrl+S を押下すると、


こんな感じで、HTC Desire の画面がUbuntuに映し出される。


で、saveを押せば、こんな感じ。実は結構大きい画面なのであった。

コメント

このブログの人気の投稿

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

Nexus 5X が起動しなくなり、Sony Xperia XA1 Plus を買ったのだがカメラが残念すぎる。

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

インド料理の食べ方

子供が腸重積(ちょうじゅうせき)に

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!