2018/06/13

Watching pretty girls


”Watching pretty girls” というのはかつて佐野元春がプロフィール欄に書いていた好きなことの一つ。
僕は中高生の頃から女性の容姿というか綺麗とか可愛いとかということがイマイチ実感できてなくて、周りの人がいう感覚がよく分からんかった。実家にいる頃は人付き合いがほとんど無かったので無意識に考えないようにしていたのかもしれない。
Watching pretty girls を意識するようになったのは最近だ。色んな人がいるなぁと今更ながら感心している。目が悪くなる前に気が付きたかった。

今思うとそういうことに気が行く方が健全だったのかもしれない。自分の子供たちのことを考えるとそう思う。対象があって、自分があって、自分がどうするべきかを考える機会があった方がいい。

今更事だが家族だけの世界で育ってしまったのは大きな損失だった。子供達には広い世界を見て欲しい。

0 件のコメント: