大火傷募金関連色々

 個人的に釈然としない大火傷募金に関する情報色々。

 まず、現在14歳の恵美ちゃん自身のブログ

えみちゃんぶろぐ 2010.4.27に記事では朝日放送に随分失礼な対応されたのだとか。文章を拝見すると14歳にしてはしっかりとしたお子さんです。

 そのK・Hという、朝日放送の人が言うには、色んな場所でボランティアの人が「恵美ちゃんは寝たきりです」というように呼びかけていたそうです。
〜中略〜
【恵美ちゃんを助ける会】は、NPOでもなんでもなく素人の個人の方が口コミ&善意で集まっている団体で
私たちは皆様にお世話になっている立場なので、少し管理が甘かったように思います

 次に、募金活動を行っている「恵美ちゃんを助ける会」のホームページ

恵美ちゃんを助ける会 規約によると事務局は大阪府東大阪市小若江にある。目標額は数千万円なんだとか。現在の募金額については掲載されてないようです。『※「恵美ちゃんを助ける会」は、NPO法人によって結成された団体です。』なのだが、どこにもNPO法人名が載っていないし、恵美ちゃんブログのボランティアベースというのとも符合しない。

 事件の真相というページがあって、将来的に300円の有料コンテンツになる予定なのだとか。あと、いつか分からないが前回の募金活動で集まった100万円は、前回の募金活動についてによると、

 実は2008年の暮れ辺りから、カリプソジャパンというNPO法人の方に頼んで某駅で街頭募金をしてもらったりしていたのですが会長と問題があった為、募金活動中止という結果になりました。
 そして、募金活動で集まったおよそ100万円を受け取れなかった事をお詫び申し上げます。
〜中略〜
そして会長は「募金活動で集めた100万円を恵美ちゃん本人に渡さなくても詐欺にならない」ということを弁護士に相談して知ったらしく、「募金で集まったお金は渡しません」という趣旨の話をしてきました。

 某駅でということは1箇所100万円ということか。三宮のそごう前とか、住吉駅前とか、摂津本山駅前とかでも見かけてるんだけど、相当な金額が集まっているのではないだろうか。それはさておき、

 これは諦めたらアカンでしょう。犯罪ですよ、告訴しましょうよ。被害届出しましょうよ。善意の募金ですよ。しかし募金を集めても募金の目的に使わなくても詐欺にならないというのはどういう理屈だろう。

 で、NPO法人で探すと、カリプソジャパンが見つかった。明日電話するか、和歌山県警に代理告発しようかな。

 あと、ざーっと確認すると、1994年1月5日 or 5月1日に撮られた7歳の頃の写真が掲示されています。1994年というと今から16年前、当時7歳な訳だから23歳だよな。画像は保存しておいたので何かの時に役に立つだろう。

 簡単に情報を集めてみて新たな疑念が生まれたのが、もしかしたら神戸の恵美ちゃんと和歌山の恵美ちゃんは別人かもしれない。ホームページに掲載されている2009年11月に撮られた本人の写真は街頭募金の写真と体格が随分違う。もしかしたら助ける会にも「主な活動拠点は和歌山県」と書いてあるし。

 もし、神戸の場合が成りすまし詐欺だったらどうしよう...。

 とりあえず、問題点のまとめとしては、

・恵美ちゃんを助ける会はボランティアベース、NPO法人ベース、どっち?活動を仲介しているボランティアグループはどの団体?
・恵美ちゃんは実は23歳
・募金100万円はNPO法人カプリジャパンがネコババしたまま
・和歌山の恵美ちゃんと、神戸の恵美ちゃんは同一人物?

の4点かな。

コメント

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

トビウオの素晴らしい輝き

Google スプレッドシートの Text関数に英語の表記がない。でも、英語じゃなくても表示ができる。

インド料理の食べ方

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

帰ってきた Digital HiNote Ultra II

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!