イカのタマリンドカレー

イカのタマリンドカレー。なかなか旨いし、ご飯によくあう。作るのが簡単なのもいい。

 最近はタマリンドがお気に入り。甘酸っぱい味が暑い時期にはちょっとした爽快感を与えてくれる。前回、タマリンドの量を多くしすぎて失敗したので、今回はそれの約4分の1程度の量で作ってある。冷凍庫の奥に眠っていたイカを使って、炒めておいたスパイスとタマネギにイカを絡めて馴染ませたところに、タマリンドをシャバシャバと入れ、ココナッツフレークをパラリパラリと振りかけてトロミと甘みを調整すれば完成だ。

 タマリンドやアムチュール(青マンゴーのパウダー)で酸味をつける利点は、酢と違って加熱しても酸味が消えてしまわないところだ。また角の取れた酸味は分量が適当で構わないというのも利点としては大きいと思う。

 タマリンドカレーというのは勝手な造語だが、カレーのベースになっているグレービーを考えると、あながち外していない名付けじゃないかなと思うけど、どうだろう。

コメント