ヴェジでもやっていける自信はある。

焼き茄子の野菜ペースト、パットゥルジャン サラタ(PATLICAN salatası)。シルクロード チャイダチュラ(Silk Road ÇAYDAÇIRA、トルコ料理、神戸三宮)にて

 自分でインド料理を作るようになって暫く経つのだが、基本的には菜食料理を作るようにしている。理由は特に無いのだが、アミノ酸に頼らずに旨い味を作り出せることに面白みを感じている。子供たちの食いつきが悪いのでたまにチキンを使っているのだが、カレーに豚肉を使う気にもなれず(豚肉自体は大好きだ)、マトンも近くで売っていないのでまぁ仕方がないのだが。子供たちがもう少し大きくなったら、ポーク・ビンダルーとか挑戦してもいいかなと思う。

 菜食にすると物足りないように思うかもしれないが、全然そんなことはなく、いつもしっかり食べたという満足感がある。ライタなどのヨーグルトを食べることでメリハリがあるのかもしれない。

 気持ちというのは面白いもので、生き物を殺さずにご飯を食べていることを認識し始めると、肉や身を触るのを避けがちな気持ちになる。昨日はマナガツオを下拵えしながら、そんな事を思ったのだった。でも、美味しかったけどね、マナガツオ。

コメント

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

トビウオの素晴らしい輝き

Google スプレッドシートの Text関数に英語の表記がない。でも、英語じゃなくても表示ができる。

インド料理の食べ方

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

帰ってきた Digital HiNote Ultra II

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

雪の結晶 Snowflakes