「マーケットスピード」のgoogle検索結果は要注意

 先日OSを再インストールした人のパソコンに楽天証券のマーケットスピードのインストールをする必要がありましたので,googleで「マーケットスピード」と検索し,一番上に表示されているページにアクセスしたところ、404エラー(該当ページなし)が帰ってきてファイルのダウンロードができませんでした。
楽天証券の「マーケットスピード」の検索結果「マーケットスピード」をgoogle検索して表示されたページからダウンロードするとエラー表示されて入手できない。何故か??

 五月末にバージョンアップがあると書かれていましたので,昨日再度試してみたのですが相変わらずエラーが表示されるので,一旦トップページに戻り,5.2が5月27日に発表されていることを確認してから,再度ダウンロードを試してみたところ正常にファイルをダウンロードすることができたのですが,何故??ちょっと気持ち悪いものが残ります。

 原因を探っていったところ、googleの検索結果で表示されているページは楽天証券のドメインと違うドメインで運用されているものであることに気が付きました。

「マーケットスピード」の検索結果から表示させたページ。実はこのページは正解ではない。
 ↑検索結果
「マーケットスピード」の検索結果からダウンロードページに移動 http://www.dljdirect-sfg.co.jp/DLJJapan/topinfo/V_TOP_marketspeed02.html
 ↑検索結果からダウンロードページに移動
  http://www.dljdirect-sfg.co.jp/DLJJapan/topinfo/V_TOP_marketspeed02.html

 どうもは別のドメインで運用されていた古いページが検索にヒットしているようです。

 楽天証券のトップページから辿っていったダウンロードページは以下のものです。

http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/topinfo/V_TOP_marketspeed02.html

 ファイルがダウンロードできない点についても問題問題ありだとは思いますが,フィッシング詐欺などでダミーサーバーへの誘導の可能性がある中でこのような状態はちょっと怖いですね,金融サイトなだけに。

 楽天証券には「サイトの運用をやめる,googleのクローラーの拒否またはインデックス削除依頼が必要ではないですか?」というメールを送っておきました。

 案外別のサーバーが表示されていても分からないものだと実感しました。
 自分が必要としている情報が本物かどうかを見極めるのは,結構な注意力を必要とするものですね。今回は本物だけど不正解という状態だったので余計に分かりにくかったということもありますが,いい勉強になりました。

コメント

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

インドレストラン「シュクリヤ」

和製衝撃緩衝機構

インド料理の食べ方