高解像度(16BASE) ピクチャーCDサービス

 昨日,カメラのカツミ堂に問い合わせして分かったのですが,KODAKのピクチャーCDは通常4BASE(1024x1536)の書き込みなのですが,16BASE(2048x3072)の高解像度での書き込みオプションが新たに加わったとのこと。KODAKのホームページには載っていない情報なので,聞いてちょっと驚きました。
 料金は,通常のピクチャーCDと同じで,基本料金 525円,書き込み料 84円/枚 とのことです。
 また,ネガ,ポジの混在も可能で,コマ指定も可能とのこと。なかなか便利。
 ピクチャーCDは,フォトCDと比べて追記ができないので,枚数にはシビアになった方がいいんですが,今回はCD1枚に何枚収まるか分からないんで,とりあえず出せるだけ出しておこう。
 写真を見返して思うけれども,銀塩はいいなぁ。ピントがシャキッとしていて,ボケ味が綺麗で,手に持った時の現実感がある。デジカメでは古い写真を見てノスタルジーに浸ることはなさそうな気がする。

コメント

このブログの人気の投稿

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

Ubuntu で 右クリックでファイルのパスを取得したい → 難しいことは不要だった。

インド料理の食べ方

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

西宮市の古いマンホールの蓋

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!