PentiumMマシン再構成。

 どうも,シリアルATAのドライバーが原因と思われるが,突然にシステムが落ちてしまうケースが頻発。ちょっと使い物になりそうにないので,IDE接続に切り替えよう。
 残念。
2004/10/29 日の出 ところが,やはりあきらめきれず。オンボートSATA を無効化し,FastTrak TX2200 から起動させてみることに。念のため,promise.com で最新のドライバーを確認すると,添付のFDよりも高いバージョンのものが存在したのでダウンロードして,Win2ksvの再インストールを試みる。
 F6を押してインストールを開始し,サードパーティー用のドライバーのインストール画面で,FDを喰わせ,ドライバーを確認する(写真を撮っておくべきだった。)。表示されてるドライバーは「Windows TX2200/TX4200/579」だったと記憶している。これですんなり行って以後ドライブ関係はトラブルなしで進んでいる。これは期待できそう。

コメント

このブログの人気の投稿

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

インド料理の食べ方

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

Ubuntu で 右クリックでファイルのパスを取得したい → 難しいことは不要だった。

接点復活剤を鍵穴に一吹きすると

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

西宮市の古いマンホールの蓋