台風の塩害に耐えた木々

台風の塩害で萎れてしまった欅の葉と頑張って芽吹いてきた梢の新芽。六甲アイランドにて。 今年は台風が3つも直撃し,海から運ばれてきた塩に植物が随分ダメージを与えられたようです。
 最初は気が付かなかったのですが,常緑樹である楠の葉が一斉に落ち,歩道に溜まっていたのはどうも塩害のせいだったようです。かなりのダメージで枯れてしまったもののあるようですが,なかには写真のように新芽をふくものもあるようです。しかし落葉樹の場合,これから葉への栄養を絶って,冬に備えないといけない季節ですから,この季節に新芽をだすエネルギーは大きな無駄に違いありません。
 素人ながら,来年の春に無事落葉樹が再び芽を出すことができるか心配してしまいました。

コメント

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

インド料理の食べ方

モールミラガイ(カードチリ)

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。